<   2013年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

KOYAMA WINES 小山竜宇さん、来たる。醸造家の宴♪

ワインメーカーズ ディナーの お知らせです♪
KOYAMA Waipara WINES オーナー醸造家 小山竜宇さんが セラードアに帰ってきてくれます♪
小山さんと ご一緒に ワイパラのワインと お食事は 如何ですか?
『 醸造家の宴 』7月10日(水) 開催いたしまーす♪ (^O^)/
どなた様も お気軽に お申し込みいただきたいです♪
e0320096_1715229.jpg

2003年より ワイパラのワイナリー Mountford で醸造してきた 小山さん。自身のコヤマワインは 2009年より リリース。
NZ南島 ワイパラヴァレーは、海風が吹き込むカンタベリー地区では
唯一のワイン産地です。
ワイパラは海側にも山があるので ヴァレー(谷) となり、
冷た過ぎる風から守られて 素晴らしい葡萄が育ちます。
大自然。晴れや雨、雲や風、天気の変わり方さえ 目に見える、
絵のような とても美しいところです。

この 愛すべき小さな村には 秀逸なワイナリーが点在しています。
2011年 Mountfordで 小山さんの下、
初めて 醸造に参加させていただいてから
あたしにとっての『 ニュージーランド 』とは 此処、ワイパラこそ全て。
ワイパラのワインたちを片手に。セラードアに またまた 帰ってきてくれる
お師匠、小山さんに ワイパラの魅力について お話し していただきます♪

KOYAMA WINES、The Crater Rim、Mountford は勿論のことですが♪
今年の醸造の帰りに 仕入れてきて、まだ お披露目していない
Greystone・Muddy Water・Pegasus Bay・Black Estate の
日本未入荷ワインも お出ししようかなぁ♪ などと。
ワインについては まだ 妄想中ですが♪ お楽しみに!
お食事も!ガッツリ、ご用意させていただきますので みなさま
ぺこぺこに お腹を空かせて いらっしゃってくださいねー☆

7月10日(水) 20:00~ 22:00 予約制です。
ワインと お食事、税・チャージ込みで ¥10000 頂戴いたします。
お問い合わせ : 0927252280 cellar door RiNGA

みなさまの ご参加を 楽しみに。お待ちいたします!(^-^)/

美和。
[PR]
by ringa_nz | 2013-06-27 17:11 | イベント

RiNGAのコースプラン

Kia ora~
amanoです。

先日、少しだけ告知をしておりましたコースプランの内容をお話させて頂きますね~♪

¥3800コース
冷菜
温菜
お魚料理
お肉料理
デザート

¥5000コース
冷菜
温菜
パスタ
お魚料理
お肉料理
デザート

※こちらの内容は一例です。変更も可能ですので、お気軽にご相談くださいませ。

前日までの予約となっております。宜しくお願い致します。

また、こちらもご予約のみですが、ニュージーランド産の仔羊肉を塊でご用意致します。
やはりお肉は塊で豪快に焼いた方が美味しいですよ。
ぜひお試しくださいませ♪

e0320096_195913.jpg


ご予約のお問い合わせはこちらまで。
092-725-2280

Enohor~♪
[PR]
by ringa_nz | 2013-06-25 19:40 | お食事

おすすめの一本!

Kia ora~!
amanoです。
本日はおつかいのため、大名のVin Nerdさんに行ってきました。
色んな国のワインが陳列されており、ニュージーランドのワイン達も沢山。

e0320096_2044423.jpg


RiNGAおすすめの赤ワイン、ラバーズレストもありましたよ!
RiNGAではグラスでの販売もございますので、是非お試しください♪

Enohor~
[PR]
by ringa_nz | 2013-06-18 20:31 | 日常

RiNGAのコース

Kia ora-♪
amanoです。

RiNGAではお食事のコースも承っております。
プランは3800円のコースと、5000円のコースをご用意いたしております。

詳しい内容はまたブログにてお知らせさせていただきます。

お客様のご予算に応じて、ご用意もできますのでお気軽にご相談くださいませ♪

e0320096_1925630.jpg


Enohor-!
[PR]
by ringa_nz | 2013-06-17 18:02 | お知らせ

帰国後の3連投イベント 全て 終了いたしました☆

隔週で3回、怒涛のイベントに お越しくださった みなさま、
ほんとうに ありがとうございました!(^O^)/

① 瓶に入る前、樽からワインを召し上がったことは ありますか?
イベントお知らせ
合わせた お料理プレート
② 日本未入荷!Mountford 新登場トップキュヴェの試飲会!
イベントお知らせ
合わせた お料理プレート
③ 春吉のRiNGA、NZ南島ワイパラヴァレーになっちゃうYO
イベントお知らせ

怠け者 不良店主が 自分に鞭打ってみて。
その第3弾を 全て終え、ほんとうに ホッとしました。ふう。
慣れない 祭りの後。ここ4日ほど 記事の更新もせず。
燃え尽きておりましたー。
お付き合いくださった みなさま、ほんとうに ありがとうございました!
全てのイベントに ご参加くださった方たちも いらっしゃって、
RiNGA ほんとうに 幸せです。(^-^)

さて、そのイベント最終回で お出しした プレートです♪
e0320096_19562971.jpg

右奥より 時計回りに
* 仔羊のトマト煮込み
* サーモンと春キャベツのテリーヌ
* イベリコ豚のコンフィ
* 槍烏賊のムースのファルシー ジャガイモのグリル添え
* クミン風味のキャロット・ラペ
* 茄子のムース、甘エビと トマトのジュレ添え (^-^)/ でした!

意外だと おっしゃられますが、あたしは NZのこと、何も知りません。
滞在中は 醸造こそ全て。おうちと ワイナリーを往復するのみの 生活。
少しでも長い日数を 現場で 働かせていただきたいので、
観光したいとか 思いませんから、他の土地を ほとんど 見てません。
KOYAMA WINES も Mountford も The Crater Rim も Lovers Rest も。
彼らの畑も全て その 小さな小さな ワイパラの中。
醸造最盛期。ほとんどの時間を ワイナリーと畑で過ごします。
広大な大自然の中、あたしにとっての ニュージーランド、は
ワイパラ ヴァレー。そここそが 全て なのです。
最終回の今回は ワイパラに特化して。みなさまに お喜びいただけて、
あたしが、嬉しかったです。ほんとうに ありがとうございました。

ワイパラ大使になりたい。(o^^o)
cellar door WAiPARA RiNGA 美和。
[PR]
by ringa_nz | 2013-06-12 20:22 | イベント

スクリューキャップ

Kia ora!

最近蒸し暑くなってきて、早くもバテつつあるamanoです。
この調子で今年の夏を乗り切れるのでしょうか。。。汗


さて本日は、ワインのスクリューキャップのことについてお話をしていきます。

ニュージーランドで造られるワインにスクリューキャップが用いられるようになって12年目。
現在生産されているワインの約90%は、スクリューキャップが使用されています。
では、なぜコルクが使われなくなったのでしょうか。

皆様よくご存知の天然コルクは、世界中で使用され長い伝統があります。
ですが、100本に4~5本の割合でブショネ(コルク汚染)が発生し、カビのような臭いがワインの香りを全て台無しにしてしまいます。

合成コルクはプラスティックを原料としており、天然コルクの欠点を埋める代替品として開発されました。ですが実は天然コルクに比べて締りが悪く、酸化を防ぐことができないことが発覚しました。
時間をおけばおくほど酸素が瓶内に入り込み、より酸化が進むため長期の保存には向いていないそうです。
さらに、プラスティックのにおいがワインに移ってしまうということも。

これらコルクに対し、その代わりとなる方法として、スクリューキャップが生まれました。
スクリューキャップでは熟成はしないと思われがちですがそのようなことはなく、白ワインでも赤ワインでも、理想的な熟成を促すことがわかっております。
そして、開栓してからもいい状態で風味をキープすることができます。

デメリットを強いていうとしましたら、「見た目」でしょうか。
特別な日にレストランなどでスクリューキャップをカチカチっとするよりも、コルクのほうがやはり儀式的な意味でその場を盛り上げてくれると思います。

コルクとスクリューキャップ。どちらが良いというのは一概には言えないと思います。
ワインをいつ、だれと、どこで、どのように楽しまれるか。によって変わってくるのでしょう。

e0320096_1945880.jpg


Enohorー♪
[PR]
by ringa_nz | 2013-06-12 19:56 | ワイン

春吉のRiNGA、NZ南島ワイパラヴァレーになっちゃうYO

6月9日(日) どうぞ どなたさまも お気軽に ご予約くださいませ☆
この春 連れて帰ってまいりました このコたち、全て 日本未入荷。
醸造に参加させていただいております カンタベリー地区、
愛すべき 小さな小さなワイパラ ヴァレーのワインです。
e0320096_20141168.jpg

今回は 写真のハートマークを付けたコたちと もう1種類、計7種類の
飲み比べを していただこう、の企画です。
Waipara、のワインの 香りや 味わい 素晴らしさ を
是非 みなさまに 知っていただきたーい♪
共通する特性は 勿論 多々あると思いますが、例えば。
写真に小さく写っている4つの石は ワイパラ ヴァレーの畑のものです。
畑の間は車で10分程ですが、石灰土壌、砂利質土壌、氷河が流れた跡、
など 個性豊かですよー。また 醸造家も みんな 個性豊か(笑)
是非、飲み比べてみてください♪

これらのワインは お師匠、KOYAMA WINES 小山竜宇が 丁稚の あたしに
『 お買いものを許したワイナリー 』のものです。
小山さんのワインに対する厳しさは 今度お話しさせていただくとして。
それらワイナリーで あたしが試飲して 決めた 可愛い子ちゃんたち、です。
今回 RiNGAにしてみれば 驚きの! なんと!!
KOYAMAも Mountfordも ありません!!!

おしながき
*白*
GREYSTONE グレイストーン / ソーヴィニヨン ブラン '12
Pegasus Bay ペガサスベイ / ゲヴュルツトラミネール '10
BLACK Estate ブラックエステート / Omihi Series シャルドネ '11
*ロゼ*
Waipara Springs ワイパラスプリングス / Blush ロゼ '10
*赤*
MuddyWater マディーウォーター / ピノ ノワール '11
The Crater Rim クレーターリム / Waipara Valley ピノ ノワール '10
GREYSTONE グレイストーン / シラー '08

今年2013は あたくし、The Crater Rim の醸造にも参加させていただき
また 当店にとって 特別なワイナリーが 増えました。
こちらは facebook の記事ですが、今年の帰国直前に 思い余って書いた、恥ずかしい けど 聞いていただきたい 気持ち です。(^皿^ )))
帰国後 隔週で3回企画した イベント、最後の今回に 日本未入荷ではありませんが、彼ら The Crater Rimのワインも ご紹介したいと思います。
e0320096_20443892.jpg

7種類のワイン飲み比べ と、
シェフ特製 ワインに合わせた お料理盛り合わせ
税・チャージ込みで ¥5500 頂戴いたします。前回の盛り合わせです。
なくなり次第終了、とさせていただき、開始終了時間は設けません。
ご予約の際には ご来店時間を お知らせください。
TEL 0927252280 cellar door RiNGA よろしくお願いいたします☆
(^-^)/

あー。隔週で3回 怒涛のイベント。ふう。これで ラストの第3弾!です。
みなさまに 喜んだり 面白がったりしていただきたいこと、は勿論ですが、
何より 今年も醸造に行き、お城を長ーいこと離れた
自身の罪悪感を払拭するため、に。
本来 イベント苦手っ!ですが。自分に鞭打ってみました。
お付き合いくださる みなさまに 大!感謝です。
おかげ様で ちゃんと本業の仕事してる!って気分です。(悦)

しばらく もう なーんにもしないんですからね。
怠け者店主 (。-_-。) 美和。
[PR]
by ringa_nz | 2013-06-01 21:23 | イベント


福岡・春吉のニュージーランドワイン ダイニングです♪


by cellar door RiNGA

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

我が子のサンプル。
at 2015-06-22 22:27
5月の店休日の お知らせ。
at 2015-04-30 17:21
発芽中。。。
at 2015-04-03 05:53
4月の 店休日の お知らせ。
at 2015-04-01 18:22
ピノちゃんも 剪定♪
at 2015-03-10 03:20

画像一覧

記事ランキング

最新のトラックバック

ライフログ

ファン

ブログジャンル